うつ病の原因を知って改善と予防~ココロケア医療センター~

医師

増加する現代人のストレス

うつ伏せの男性

昇進がきっかけで発症も

うつ病の原因は一般的にストレスといわれています。ストレスには人間関係や多忙すぎる毎日の生活など、わかりやすいものもありますが、中には一見ストレスがかかっているとはわかりにくい状況もあります。たとえば昇進です。昇進すれば給料も上がり、引退後の生活の安定という面でも大きな安心材料となるはずです。しかし、この喜ばしいはずの昇進がストレスの原因になりうるのです。これはうつ病の中でも特に昇進うつ病と呼ばれているものです。仕事を持っている人ならば誰でも、自分の業績が認められ評価されれば誇らしく感じ、さらにやりがいを感じると思われます。もちろん今までとは違うプレッシャーも感じますが、それもやりがいのひとつとして多くの人が仕事への意欲を新たにすることでしょう。しかし、上の立場に立つということは、上司の指示を仰いでいた頃とは違った種類のストレスが生まれる原因になるのです。仕事に対して真摯な態度でのぞむ人ほど、まわりの人々との関係に気を遣い、「この仕事がうまくいかなかったら上司が自分をどう評価するだろうか」「どうしたら部下にこの仕事の重要性をもっと認識させられるだろうか」と頭を悩ませながら日々過ごしています。そうこうしているうちに、自分で思っているよりもはるかに大きなストレスがのしかかっている状態になってしまうのです。今の時代は働く意欲があっても正社員になることは簡単ではなく、いったん得た仕事や地位はたやすく捨てられるものではありません。したがって地位が上がればさらに無理をしなければならない場合も多くなっています。こうしたことから、今後とも昇進うつ病を発症する人は増えていくことと予測されます。

社会情勢の変化も一因に

うつ病になりやすい人は、どちらかというと人に暗めの印象を与える人が多いと思われがちです。あまり自分のことを多く語らず、テンションの高いところは滅多に見られないようなタイプの人です。しかし、実はうつ病を発症しやすい人はそういうタイプではないことがわかってきています。口数の少ない人というのは、他人に誤解されることをそれほど気にしない性格の人が案外多いといわれています。他人に悪く言われるようなことがあっても落ち込まずにいられるという性質は、うつ病とは対照的な位置にあるものです。逆に小さなトラブルや失敗でも深刻にとらえやすい傾向の人は、抑うつ状態になりやすいとされています。海外の人に日本人の印象について尋ねると、「神経質でプライドの高い人が多い」という答えがよく返ってきます。これはまさに抑うつ状態に陥りやすい気質の特徴といえます。こまやかで気がつく一方で、自分が重んじている事柄に反するようなことを平気でする人がいると、我慢できずに怒りをあらわにするタイプの人は最近増えつつあるといわれています。このような傾向を持つ人が多くなっている理由の一つとして、インターネットの発達により、匿名で他人を糾弾できる手段ができたことが原因として挙げられると指摘する研究者もいます。うつ病の患者の増加の原因は、こうした社会情勢の変化にもあると考えられます。