うつ病の原因を知って改善と予防~ココロケア医療センター~

医師

早めの対応が重要

頭を抱えている人

周囲のサポートが大切

うつ病の原因は、精神的なストレスによるものであるというイメージがありますが、実はそれだけではありません。精神的なストレスは最もストレスとして感じやすいものなので、このように感じてしまうわけです。その他の原因としては、身体的なストレスが影響している可能性もあります。例えば、気温差や体の歪みなど、一見するとストレスとは分からないようなことが原因で、うつ病を発症している可能性もあります。うつ病を発症するきっかけについても、様々で、同じような環境にあったとしても発症しない人もいれば、発症する人もいます。悲しいことがきっかけとなる場合もあれば、逆に明るく嬉しい事柄がきっかけとなり発症する場合もあります。中には、うつ病を発症していることに気が付かないまま生活をおくっているという場合もあります。うつ病は、治療をせずに放置しているといつの間にか自然治癒するというものではありません。症状が悪化し、最悪のケースとなる場合もあります。そのため、身近な人が早い段階でうつ病のサインに気づき、適切に治療を受けるということが大切になります。集中力の欠如や食欲低下、意欲の低下などがあった場合には、早めに治療を行なったほうが良いでしょう。

自己判断は危険

うつ病を発症した原因と取り除くこと無く、治療を進めていった場合もしくは治療をせずに放置していた場合には、症状が悪化していきます。悪化した場合の特徴的な症状として、自殺願望というものがあります。また、場合によっては妄想や幻覚などと言った精神症状を伴うことも考えられます。症状が重度の場合には、一般的に行われている薬物治療や精神治療などでは効果を得ることが出来ない可能性がありますので、入院なども検討する必要があるでしょう。治療をすることにより、一時的に症状が緩和されたように感じられても、少しのきっかけで元の状態に戻ってしまうこともあります。治療には長い時間が掛かるということを理解することが大切です。症状が軽くなると、これまで服用していた薬を自己判断で中止してしまったり、周囲の意見を聞かずに社会復帰を急ごうとすることもあります。うつ病は責任感が強い人がなりやすい傾向にあると言われています。そのため、一刻も早く治したいと考える人が多いようです。症状が緩和された場合でも、医師の指示に従い、しばらくは内服薬を使用し続けるということが症状を悪化・再発させないためには大切なことになります。必ず治ると信じ、治療を行うようにしましょう。