うつ病の原因を知って改善と予防~ココロケア医療センター~

笑顔の男性医師

早めの対応が重要

頭を抱えている人

うつ病の原因は人により異なります。そのままにしていても、症状が良くなるということはなく、悪化するだけですので、早めに専門医を受診し、治療を開始することが重要です。治療には時間がかかりますが、必ず回復すると信じる事が大切です。

Read More...

根気のいる病気です

カウンセリング

うつ病は、治療が非常に難しく、仕事を休職しても逆に悪化する場合もあるので、原因を取り除き、正しい治療を行っていくことが必要です。身近な人はできるだけその人の事を気にかけ、焦らずに少しづつ回復の手助けをすることが大切でしょう。

Read More...

精神的な辛い症状への治療

男性

ストレスとホルモン

現代人に多いうつ病は、肉体的・精神的な強いストレスなどが原因で発症してしまいます。気分の落ち込みが激しくなり、食欲不振や不眠なども引き起こしてしまうのです。このような症状が出てくるのは、脳の神経伝達物質が関わっています。強いストレスを受け続けると、脳にある神経伝達物質が正常に働かなくなります。健康な状態のときは神経伝達物質がバランスよく分泌されるので、体や心が平穏に保たれます。しかし、これが乱れてしまうことで、辛いうつ病の症状が目立つようになるのです。うつ病の症状がひどくなってくると、仕事や生活にも支障が出てきてしまうこともあります。本人も原因が分かっている場合が多いので、早めに病院で治療をしなければいけません。また、女性に限って言えば、ホルモンバランスの乱れが原因でうつ病を引き起こすこともあります。具体的には、月経前症候群やマタニティブルー、更年期障害や甲状腺機能の異常などです。甲状腺以外は女性ホルモンの乱れによるもので、一般的に産婦人科や婦人科で治療していくことができます。そして、甲状腺機能の異常は甲状腺ホルモンの乱れが原因で、女性に特に多く見られ、内科や甲状腺専門外来で治療ができます。けれども、うつ病の症状がひどければ同時に精神科や心療内科で治療していくこともできるので、1つの病院での治療に限ったことではありません。その場合は、先に治療していた病院へ相談してから行っていくようにしましょう。まずは、うつ病の原因を認識し、症状の悪化を防ぐためにも専門の医療機関へ受診してみることです。

病院での具体的な治療

精神科や心療内科で行われる治療は、投薬やカウンセリングによって行われていきます。投薬では抗うつ薬が主に使われ、これが原因となる脳の神経伝達物資のバランスを整えていく働きを持っています。服用し続けることで症状を抑えていくことができますが、人によって効果があまりなかったり、副作用が強い場合も見られます。そんなときは薬を変えていくなどして、辛くない程度に効果の様子を見ていくことになります。そして、カウンセリングでは、病院に専門のカウンセラーが在籍している場合や、別の機関でその治療のみを行うところも存在します。資格を持ったカウンセラーが症状や原因に関する話しを聞いていく流れとなり、会話をすることで症状の回復が期待されています。誰かに話しを聞いてもらえたり、症状を訴えていける機会を設けることでストレス解消とつながっていきます。そこで、うつ病の原因を一緒になって追求していき、アドバイスしていくことで患者が自信を持てるようになるのです。このような治療から、時間がかかったとしてもうつ病を完治していくことはできます。うつ病の症状が出てしまうと、悲観的な考えになってしまうので自分で克服していくことは容易ではありません。専門家に診てもらうことでその原因を突き止め、正しく治療が行われるので、完治するのも難しくなくなってくるでしょう。

ストレスの要因は様々

カウンセリング

うつ病の原因はストレスか薬の服用の副作用というケースが大半で、中でもストレスが原因でうつ病と診断される患者の数は、以前よりもうつ病に対する理解が広まったこともあり、増加傾向にあります。また、責任感や義務感の強い人ほど罹患しやすい傾向にあり、ストレスの要因となるものは人それぞれで異なります。

Read More...

増加する現代人のストレス

うつ伏せの男性

最近増えているうつ病の原因のひとつが、昇進によるものです。昇進すると上司と部下との間で悩むことが絶えなくなるためと考えられます。物事にこだわりを強く持ち、他人の行動に対してストレスを感じやすい人が増えていることも、うつ病患者の増加の原因とみられています。

Read More...